状況によって異なるプチギフトの価格

   

結婚式やその後の二次会などで参列者全員にささやかながらのプレゼントを渡し、そこで参列してくれたことへの感謝の気持ちを伝えるのが一般的です。その時に渡すプチギフトの価格はいったいどのような相場なのか気になる部分です。ほとんどの場合は言葉通りのささやかなプレゼントという感じがしますが、その一方で安っぽさを感じさせない、暖かみのあるプレゼントが中心です。
実は結婚式と二次会ではこの相場が違うことが指摘されています。そして場合によってはプレゼントが別になくても問題ないケースもあるため、状況に応じて用意すべきものを変え、予算を考えていくことが求められます。お金をかける必要はそれほどなく、気持ちを込める程度にしておき、幸せのおすそ分け程度で十分と言えます。

結婚式ではだいたい300円程度

結婚式におけるプチギフトの価格は1人あたり300円前後が相場になっています。ほとんどのカップルは200円から400円の範囲内で留めており、それ以上の金額をかけるカップルはかなり少数派です。この予算の中で何をプレゼントしていくかを決めていきます。特にカップルの手作りの品物をプレゼントしたいという場合に、予算設定をどうするかが悩むところになりますが、1人300円という予算にしておけば、全体の予算が立てやすく、その中で作り出していけます。
一方で新郎新婦が同じエリアの出身だった場合にはその地域の名物をプレゼントするケースもあります。この場合も全体的な予算を決めてから探すことで、よりいいものをプレゼントできます。結婚式では1人300円という枠が一般的なことを知っておくべきです。

二次会は結婚式より多少上がることに

結婚式では1人あたり300円がプチギフトの価格の相場でしたが、二次会になるとだいたい500円あたりまで相場が上がるようになります。二次会まで参加してくれてありがとうという感謝の気持ちをより伝えないといけないため、そこまでの値段になるだけでなく、会費自体が発生しているため、それのお返しの意味合いも込められています。
ただ全ての二次会でプレゼントを渡すわけではありません。例えば会費が安い場合、目安としては5000円を下回る程度であれば用意する必要はないです。場所代などの費用もかかるため、負担になることがあるためです。またビンゴ大会などで必ず商品をもらえる場合にもそこで済ませることができます。ビンゴ大会など余興で景品を出す分、トータルのバランスを考えて予算配分をしていくことが必要です。

ピックアップ記事

相手が困らないプチギフトの選び方

プチギフトは1個数百円くらいで用意できるささやかなプレゼントのことを言います。結婚式に出席していただいたお客様にちょっとしたお土産として渡すこともありますし、二次会のゲーム用の景品で利用されることが多...

プチギフトは通販でお得に準備しよう

引き出物などとはまた別に、ゲストに渡すための可愛いプチギフトも気合を入れて探そうと四苦八苦しているカップルも多いのではないでしょうか。お店に出かけて探す時間も取れない場合もありますので、そんな時には通...

写真入りプチギフトが与える魅力

結婚式にこだわりを持つ人は多く、参列者全体に喜んでもらおうとサービス精神を発揮して細かな部分にも力を入れるカップルが増えています。こうしたサービス精神が如実に出てくるのが結婚式が終わってからです。ささ...

状況によって異なるプチギフトの価格

結婚式やその後の二次会などで参列者全員にささやかながらのプレゼントを渡し、そこで参列してくれたことへの感謝の気持ちを伝えるのが一般的です。その時に渡すプチギフトの価格はいったいどのような相場なのか気に...


特徴